導かれる何か

フリーランスとして活動し始めた1年目のすぐの時です。
ずっと携わるのが好きだった
ウェディング業界のお仕事で海外ウェディングのお仕事のご縁をいただきました。
行き先はスリランカ。

….スリランカ?

 

これこそが私のスリランカとアーユルヴェーダ
との出会いの始まりです。

 

私は15歳から実家を離れてしまってますが
思えば 私の母もとてもシンプルな考え方で生活をして
自然に子供を育てるタイプでしたし、
私自身も美容師として会社に所属させていただいてる時から
自然療法の分野は自分の意思にフィットしていたので
ホメオパシーやフラワーエッセンスなどを学びに学校に行ったりもしていました。

その20代で学んだ私のあれやこれやがスリランカの地へ訪れてみて、
スリランカの文化を感じアーユルヴェーダを初体験し
まるで20代の集大成かのように

“ズコーーン!!!”

 

とアーユルヴェーダと私を繋げてくれたのだなと思います。。。

この時のことを思い出すと、

”体感することって人間の理解を超える原動力になるんだなぁ〜”

と思います。なぜか懐かしさもあり新しさもあるその感覚で
とにかく喜びでドキドキワクワクしていたと思います。笑


(写真は撮影クルーの仲間♡)


もっと自由にのびのびと表現したいと思った時に出会ったギフト。

今、振り返ると
自然と調和する道をずっと探していたのかもしれませんね。

「アーユルヴェーダという科学は一番古くて一番新しいもの」
お世話になったアーユルヴェーダドクターが教えてくれた言葉。

印象的でした。

 

29歳の私は
知らない場所へ行って未知の感情を経験することができました。
そしてこれからもまだまだ
新しい世界を創造して行きたいと思います。
何に心が振るえるのか
とても楽しみです!

そしてそんな体験をみなさんとシェアしていけたら嬉しいです♡

つづく♡

Yuki